いろんな意味での不調から抜けた感。

d0373369_01435255.jpg
気がつけば9月も残りわずか、、、。
ここで、2017年をふと振り返ってみると、なかなか抜けきれずにいた、いろんな意味での不調から抜けてるやん、って感じです。


例えば、仕事。
ちょうど一年前に約7年勤めた会社を辞めた。
自分なりによく頑張ったし、愛着ある仕事だったけど、まさかの結婚をしたことから、私の中の価値観が仕事第一主義から、家族の健康を守る、というテーマにいつしか変わっていった。


ほんとに人生って不思議。


あんなに仕事をすることがメインテーマだった私が、『家庭』に関するいろんなことにグッと関心を寄せている。


お盆過ぎから、地域のコミュニティセンターに臨時採用され、この一カ月は、私の人生の辞書にはなかった『地域との関わり』や『高齢化社会と現実に向き合う』という日々だった。


なんとか抜けた感がある更年期特有の不調も、またいつぶり返すか分からないけれど、、、。
自分のココロとカラダの声に耳を傾け、自分を労わることを忘れずに、これまで生きてきた経験をフルに活かして、今、与えられた役目にチャレンジしたい。


とにかく、、、
何につけても面倒くさい。
やる気が起こらない。
カラダがだるい。
プレッシャーを感じると頭がのぼせる。
人と会いたくない。
許されることなら、一日中、家でゴロゴロしていたい。


昨年の10月くらいから今年の6月までは、こんな状況で社会復帰など考えられなかった。


結局、婦人科で処方された漢方薬とかじゃ、なかなか解決されず、ビタミンやミネラルの摂取を意識して、出来るだけ無理しないを心がけ、ココロとカラダの不調という嵐がおさまるのを待った。


(なかなかウォーキングも続かんし  T_T)


それでも、明けない夜はない(笑)


再び、活力が湧いてきたーって感じです(o^^o)


あせらずに
自分のペースを大事に
歩いて行こう。


今、更年期特有の不調で苦しいアナタへ
明けない夜はない!を伝えたかった夜でした。


see  you〜‼️

# by gogo-fumijohblog | 2017-09-26 01:04 | 更年期対策・セルフケア | Comments(0)

若さを保つメディカルハーブって?

こんにちは、杏仁みかんです^ ^
台風18号の影響で、折角の秋の休日が台無しに〜なんて、勿体無いので、今日は今から出かけてみようと企んでいます(o^^o)

その前に、先週のハーブ教室で学んだことをシェアさせていただきます!

現在、ハーバルセラピスト検定に向けて勉強しているのですが、先週は、美容領域でのハーブの活用法について学びました。

ハーブが持っている抗酸化作用(老化防止)・心身両面への作用・調整作用(血液循環、皮脂分泌など)・抗菌、防腐作用・・・と、植物の力は本当に、知れば知るほど唸ります^ ^

ちなみにこの日は、古くから緩和な利尿剤として用いられてきたスギナというハーブを教わりました。スギナの特徴はケイ素を最も多く含むことですが、骨や歯、髪や爪などを健やかに保つ働きをするそうで、煎じて飲用するのがオススメです。

※写真は、細かく砕かれたローズヒップに少量の湯を入れたもの。飲用するだけでなく、こうやって食べたりもします。
ちなみな、ローズヒップには、天然のビタミンCがレモンの20〜40倍も含まれているといわれています。

毎週金曜日の朝クラス、この日は思いがけなく個人授業になり、先生を独り占め!の授業となりました(*^^*)

どなたさまも良い一日をお過ごしください^ ^
d0373369_10564209.jpg

d0373369_10564664.jpg

d0373369_10565030.jpg

see  you〜‼️

# by gogo-fumijohblog | 2017-09-18 10:50 | ハーブを楽しむ・学ぶ | Comments(0)

マイブログに「ただいま!」。

d0373369_21492713.jpg

こんばんは、杏仁みかんです。
実家のお盆の準備から片付け、旦那さんの実家への帰省、嫁として一人暮らしの姑へささやかな手料理。

また、急にトントンと決まった、お盆明けからの社会復帰。

いやー、この1ヵ月近く、いろいろな変化があり、私なりに頑張りましたのーー(๑˃̵ᴗ˂̵)

娘として
嫁として
(妻として、がないけど・笑)
そして、一社会人として

どんなに停滞していたことでも、来るべき時が来たら物事は動き出す。だから変な焦りは禁物!

また、人生において自分がやらなくちゃならないことは、一時的に逃げてもいつかやらなくちゃならない時が訪れる。

この歳になって、人生にはそんなルールがあるように感じています。

自分なりに将来を見据えて、新境地を開いた仕事についても、改めて書いていきたいと思います。

今夜は秋らしい虫の声を聴きながら、マイブログに「ただいま!」の気持ちを記しておきます(o^^o)


see  you 〜‼️






# by gogo-fumijohblog | 2017-09-13 21:30 | ワタクシゴト | Comments(0)

人それぞれのダブルケア

こんばんは!杏仁みかんです
いよいよ今年もお盆の時期を迎えますね~。


父が亡くなって7年ちょっと経ちました。
当時、私は45歳。
まだ独身だったので実家から公共機関で通勤し、夜遅くまで、仕事に明け暮れていました。


亡くなる数年前から間質性肺炎を患い、入院、退院、通院という流れで、どうにか小康状態を保っていたはずでしたが、ちょうど転職したばかりの当時の私は、あるプロジェクトの担当として、仕事モード全開になっていて、父の急速な老いや病状の進行具合を普段通りだと思い込み、見過ごしてしまっていました。

毎日、朝晩、顔を合わせ、体調なども確認し言葉を交わすものの、当時、刻々と病気が進行している怖さや加速する老いにどうにもならない気持ちを持っていたであろう父の心情を十分に汲み取ってあげることができないまま、あと3日ほど待てば、かかりつけの病院のベッドが空くというタイミングで、父は帰らぬ人となりました。
(一人で散歩に出かけて、どうにか帰り着いたものの呼吸困難になり車庫で倒れているのを母が見つけ、すぐに救急車を呼びましたが、手遅れでした。)


その後、父が急逝したことをどうにも受け入れられない母と私、二人。。。
いろんな感情が暴発し、本当に愛別離苦の悲しみやら、自分自身の至らなさやら、悔やむ気持ちで押しつぶされそうになり、私も、父のところへ行って詫びたい心境にかられたりもしました。


これから母と二人。。。
一人娘で大切に育ててもらって、嫁ぐ日を楽しみに育ててもらったのに、、、
当時45歳、独身。何も恩返しができないまま、最愛の父を亡くしてしまう最悪な運命。


おそらく私の人生で、最大の悲しい出来事となりました。


それから、「79歳の母が間違わないように」 (ブログ)でも書いたように、母が案の定、体調を壊しました。
当時、私は転職して間もない(頑張り時だった)時期、父を失った大きな喪失感を抱えながらハードな仕事と、母の介護をする生活が始まりました。


誰にも頼れず、自分にできることを淡々とこなし、切り抜けていくしかなかった、その時の経験があるから、世間でいう老老介護がいかに大変かも十分理解できますし、ましてや、高齢出産された方が、育児と親の介護が重なってしまう“ダブルケア”の時代に突入している現状を知ると、非常に心が痛みます。


・育児 & 親の介護(もしくは親以外の家族の介護)

・育児と言わないまでもシングルで子育て中 & 親の介護(もしくは親以外の家族の介護)

・障害を持たれている家族の介護 & 親の介護

・更年期特有の不調時期 & 親の介護(もしくは親以外の家族の介護)


いずれも一人で背負い込んでしまえば、男も女も関係なく、仕事を辞めざるを得ない状況に追い込まれてしまう。

相談する相手がいない、相談先が思いつかない。


このような問題で押しつぶされそうになっている、どこかの誰かさんに向けて・・・
私は、これから少しでもその問題につぶされないよう、まずは自分自身を整えて明日を迎えることの大切さ(セルフケア)や心の支えになるような情報発信もしていきたいと考えています。



d0373369_15565666.jpg
↑まだまだバラの花を育てて近所の方にお裾分けする元気がある79歳の母です(感謝)



d0373369_15565701.jpg
↑私が50歳でまさかの結婚をして実家を離れてから、2年。
母はようやく一人暮らしの時間の楽しみ方を掴みかけているようです。



d0373369_15565856.jpg
↑お花はヒトの沈んだ心を優しく包んで、癒してくれますね。


◆このブログを始めたそもそもの動機の根底には、公私ともに頑張っている更年期世代の女性(自分と同世代)を応援したい!、自分自身を整えて明日を迎える大切さを共有していきたい想いがありました。
そんな折、今日、たまたま目にしたテレビ番組※に背中を押され、急遽、このような記事を書かせていただきました。

私も当事者。その当事者レベルには人それぞれ、置かれた家庭環境の差があろうかと思いますが、このブログに出会って、ほっこりしていただける時間、もしくは、悩みを共有できる、そんな心のステーションになれたらいいなと思います。
まだこのブログ、始めたばかりですから、よく言うよね~、と思われそうですが(笑)女性だけでなく、男性にもお役に立つことがあれば幸いです、、、このような気持ちで地道に書かせていただきます。


※もし今、一人でダブルケアの問題に直面されている方がいらっしゃったら、是非、一人で抱え込まずに、介護のプロの力を借りる方法を探してください。市町村の担当課(高齢者福祉課・介護保険課など)、または、地域包括支援センターなどに相談ができます。


※今日たまたま目にしたテレビ番組はこちら

see you~


# by gogo-fumijohblog | 2017-08-10 20:00 | 老老介護に備える・知る | Comments(0)

今更ながらの“熱中症対策”について(備忘録)

こんにちは!杏仁みかんです。
酷暑です、今日も103.png103.png103.png


最近の「暑いですね~。」という挨拶は、もう、気軽な夏の挨拶言葉ではなく、、、。
(うっかりすると熱中症でダウンしそうに暑いけど、私はまだ大丈夫です)、、、と、お互いに健康状態を確認し合う挨拶言葉になったような気がします105.png

くれぐれも油断せずに、熱中症対策をお忘れなくです(*^^)v


d0373369_15062685.jpg


以下に備忘録として、厚生労働省のホームページより「熱中症予防」についての注意喚起を記載しておきます。

熱中症予防について

1)暑さを避ける
●室内では
・扇風機やエアコンで温度を調節
・遮光カーテン、すだれ、打ち水を利用
・室温をこまめに確認
WBGT値※も参考に 
※WBGT値とは、気温、湿度、輻射(放射)熱から産出される暑さの指数。
運動や作業の度合いに応じた基準値が定められています

●外出時には
・日傘や帽子の着用
・日傘の利用、こまめな休憩
・天気のよい日は、日中の外出をできるだけ控える

●からだの蓄熱を避けるために
・通気性のよい、吸湿性・速乾性のある衣服を着用する
・保冷材、氷、冷たいタオルなどで、からだを冷やす

2)こまめに水分を補給する
室内でも、外出時でも、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分、塩分、経口補水液※などを補給する
※経口補水液とは、水に食塩とブドウ糖を溶かしたもの


改めて文字にしてみると、分かっているつもりのことでも、忘れていることもあったりします。
ちょっとした心がけで、今年の夏も平穏無事に元気よく、乗り切ってまいりましょう(^^)/


熱中症の対処方法(応急処置)については、環境省のホームページに詳しい説明がありましたので
こちらもご確認を。
see you~181.png


# by gogo-fumijohblog | 2017-08-10 15:20 | 更年期対策・セルフケア | Comments(0)

仕事人間だった私が最愛の父を亡くした後、47歳で一念発起し真面目な婚活を経て、50歳で結婚!結婚3年目を迎える現在、更年期特有の不調と向き合いながら、日々アンテナに引っかかったことへのチャレンジを綴ってまいります☆


by 杏仁みかん
画像一覧